CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
新型インフルエンザに備えて
おすすめ非常食
常備薬をお忘れなく
インフルエンザ文献
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

切明義孝の新型インフルエンザ対策情報

新型インフルエンザに関する報道をまとめています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
石川でもタミフル耐性変異インフル検出 13都道府県に

石川でもタミフル耐性変異インフル検出 13都道府県に
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/5/3/5361.html

 今シーズンすでに12都道府県で確認されているタミフルなどの抗ウイルス薬に耐性のある変異インフルエンザウイルスだが、国立感染症研究所が24日に発表 した 最新の抗インフルエンザ薬耐性株サーベイランスによると、石川県からも検出報告があり、同ウイルスが確認された地域は 13都道府県に拡大している。
 このウイルスは、今シーズン再び流行しているA(H1N1)pdm09ウイルス(2009年に世界的大流行=パンデミックを引き起こした新型インフルエンザウイルス)の変異株で、抗ウイルス薬 タミフル(オセルタミビル)とラピアクタ(ペラミビル)に対する耐性を獲得しているもの。
 これまでに、北海道、山形県、東京都、神奈川県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、愛媛県、高知県、長崎県で検出されているが、今回は石川県で37人のうち1人から同ウイルスが検出されている。
 同サーベイランスによれば、この耐性変異ウイルスが検出されているのは、解析した検体1377株のうち65株で、全体の約5%にあたる。
 国内で、A(H1N1)pdm09ウイルスの変異株が確認されたのは、今シーズンが初めてだが、海外ではこれまでにも「抗ウイルス剤への耐性」を持つ変異ウイルスの検出例がある。

| 報道発表資料 | 19:24 | - | trackbacks(0) | pookmark |
タミフル耐性インフル 静岡県内は乳幼児2人から検出
タミフル耐性インフル 静岡県内は乳幼児2人から検出
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140227-00000012-at_s-l22


@S[アットエス] by 静岡新聞 2月27日(木)7時30分配信

タミフルなどのインフルエンザ治療薬が効きにくい耐性ウイルスが昨年9月以降、県内で生後11カ月と1歳9カ月の乳幼児2人から検出されたことが、26日までの国立感染症研究所のまとめで分かった。同研究所によると、本県を含む9都道府県で耐性ウイルスが見つかっている。
  検出されたのはH1N1型インフルエンザウイルスの遺伝子が変異したタイプ。県内の定点医療機関でインフルエンザと診断された患者から検体を採取し、県環境衛生科学研究所と静岡市環境保健研究所が計63人分を解析した。
  その結果、県中部の生後11カ月の男児と、県西部の1歳9カ月の男児から耐性ウイルスが検出された。県西部の男児はタミフルを服用したが、効果を得られなかったという。
  耐性ウイルスは、他の都道府県でも乳幼児など子供から比較的多く検出されている。吸入薬のリレンザは効果があるが、乳幼児は吸入がしにくいため、薬での治療が難しくなる。県環境衛生科学研究所の担当者は「耐性ウイルスだからといって、通常のウイルスより病状が悪化することはない。ワクチン接種や手洗いなど普通の予防策を心掛けてほしい」と話している。
.
静岡新聞社



 
| 報道発表資料 | 19:59 | - | trackbacks(0) | pookmark |
鳥インフル、韓国で蔓延 見えない敵に宮崎厳戒

 鳥インフル、韓国で蔓延 見えない敵に宮崎厳戒

http://sankei.jp.msn.com/region/news/140216/myz14021602070000-n1.htm

2014.2.16 02:07

 ■過去の悪夢教訓に対策進めるも「思わぬ感染ルートで…」

 韓国で蔓延(まんえん)する鳥インフルエンザに、九州の養鶏関係者の緊張が高まっている。過去2回、韓国で広がった直後に、宮崎県内の養鶏場で発生した悪夢のような前例があるからだ。鳥インフルエンザウイルスは、渡り鳥に寄生し、海を渡る。国内2割のブロイラーを飼育する宮崎県では、見えない敵との苦しい戦いを続けている。(津田大資)

                   ◇

 「消毒などルールを守っていれば感染は防げるはずですが、鶏舎のすぐ外にウイルスがいる。そんな緊張感を持って対応しています」

 宮崎県家畜防疫対策課の西元俊文課長は、こう語った。

 今年1月17日、九州の自治体や養鶏業者に衝撃が走った。韓国農林畜産食品省が、韓国南西部にある全羅北道高敞郡のアヒル農家で、H5N8型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表したからだ。

 H5N8型ウイルスは、中国や北朝鮮、ベトナムなどで蔓延するH5N1型ウイルスの亜種とみられる。毒性が強く、ニワトリやアヒルなど家禽が感染すれば、死に至る。

 韓国では、その後もウイルス検出が20農場で相次ぎ、殺処分されたアヒルやニワトリなどは250万羽を超える。

 ウイルスが指呼の間に迫ったことに、宮崎や鹿児島など養鶏が盛んな県は、警戒レベルを一気に引き上げた。

 宮崎県は1月20日、農林水産省の通達を受けて防疫会議を開催し、養鶏場に出入りする人や車の消毒場所、野鳥の進入を防ぐネットの整備など対策の徹底を養鶏業者に促した。

 韓国で流行すれば、次は九州の番−。養鶏関係者は、こう心に刻む。

 平成19年1月、宮崎県清武町(現宮崎市)の養鶏場で、鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が確認された。韓国で確認されたほぼ1カ月後だった。

 高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認された場合、蔓延を防ぐための農水省の指針に従い、養鶏場施設内の全羽が殺処分される。

 さらに、半径3キロ以内の他の農場でもニワトリや卵の搬出が制限され、事実上の出荷停止となる。

 この指針に基づき、周辺も含め約16万羽が殺処分された。

 3年前の被害はさらに甚大だった。

 やはり韓国で確認された1カ月後の23年1月以降、宮崎県新富町、川南町、延岡市と次々と感染が確認された。最終的に大分市、鹿児島県出水市にも広がり、九州の計15カ所で103万羽近くが殺処分された。被害額は宮崎県だけで91億円に上った。

 農水省の統計によると平成25年2月現在、宮崎県内は2627万羽、鹿児島県内は2616万羽のブロイラーが飼育されている。2県合わせて全国1億3162万羽の4割に達する。

 それだけに、鳥インフルエンザ発生は養鶏業者の損失だけでなく、食生活への影響も大きい。23年の発生時は、西日本の鶏肉価格が一時、3倍に跳ね上がった。

 過去の悪夢を教訓に、宮崎や鹿児島、大分など養鶏業者が多い県は対策を進めてきた。

 宮崎県では担当職員が養鶏場など996カ所を巡回し、防疫態勢を調べている。このうち863カ所は対策に問題なく、不備があった133カ所のうち98カ所も改善されているという。

 また、県内10カ所の河畔などで、毎月カモの糞便を採取し、検査をしている。これまでのところ、鳥インフルエンザウイルスは検出されていない。

 それでも、不安は尽きない。

 宮崎県都城市の養鶏業者の男性(65)は「やるべきことはやっているが、思わぬ感染ルートがあるだけに油断はできない。被害がわずかであっても風評被害が怖い」と語った。

 日本に渡り鳥が飛来するシーズンは5月まで続く。警戒は緩められない。

| 報道発表資料 | 21:31 | - | trackbacks(0) | pookmark |
中国、347人のH7N9型鳥インフルエンザ感染を確認 109人が死亡

 中国、347人のH7N9型鳥インフルエンザ感染を確認 109人が死亡

http://www.xinhuaxia.jp/1131336346

2014年02月21日

 

 中国農業部公式サイトによると、農業部弁公庁が先日「全国H7N9型鳥インフルエンザ根絶計画(意見募集案)」を発表した。意見募集案によると、2013年に中国でH7N9型鳥インフルエンザが確認されてから多くの感染者と死亡者が出ている。2014年2月18日時点で、347人の感染者が確認され、また109人の死亡が確認されている。中国牧畜業協会の集計によれば2013年上半期に家禽産業の直接被害は600億元(約1兆円)になり、2014年に入ってからの被害も既に200億元(約3300億円)に上った。人民網が伝えた。

 

 中国国家鳥インフルエンザ参考実験室は、家禽と環境中のH7N9型鳥インフルエンザウイルスは病原性がないが、高病原性に変異する可能性があるので家禽産業に更に大きなリスクをもたらしかねない。

 

(翻訳 崔蓮花)

| 報道発表資料 | 21:29 | - | trackbacks(0) | pookmark |
鳥インフルエンザH10N8のヒト感染について、中国研究者らが報告を発表

 鳥インフルエンザH10N8のヒト感染について、中国研究者らが報告を発表

http://www.qlifepro.com/news/20140219/chinese-researchers-have-report-on-human-infection-of-bird-flu-h10n8.html

中国の研究者らがLancet誌に寄稿

中国では今年に入り、H7N9型鳥インフルエンザウイルスのヒトへの感染が拡大し、死者も出ていることから衛生当局は警戒を強めている。また毒性の強いH5N1型やH9N2型など、別ウイルスの感染もみられ、世界的な流行への注意喚起が続いている状態だ。

こうした中、中国のNanchang City Disease Control and PreventionのHaiYing Chen氏をはじめとする研究者らによる鳥インフルエンザウイルスA/H10N8型のヒト感染に関する報告がLancet誌に2月5日付で掲載された。発表によると、同ウイルスへのヒトへの感染についての詳細な研究および報告は初めてだという。


H5N1型などと同じ遺伝的基盤

H10N8型ウイルスに感染したのは、江西省南昌市の73歳の女性で、2013年11月30日に医療機関を受診し、発症9日目の12月6日に多臓器不全で死亡した。女性は家禽市場へ出入りしていたことが分かっている。

研究者らは解剖検査を行い、重症筋無力症や神経筋障害といった症状の発生を認め、インフルエンザウイルスが死亡の直接的な原因となった可能性が高いと判断している。そして、この女性から鳥インフルエンザウイルスA/H10N8の遺伝子再集合を確認した。

その結果、H10N8型ウイルス株には、H9N2型の8つの遺伝子のうち6つが含まれていることが判明したという。H9N2型ウイルス遺伝子は、H5N1型ウイルスのほか、H7N9型ウイルスの遺伝的基盤となっており、この新型ウイルスであるH10N8型が世界的に流行する可能性を過小評価すべきでないと報告している。この発表が行われた2月6日までにヒトからヒトへの感染は確認されておらず今後の流行発生に関する予測はできないが、人への脅威となりうるウイルスであることをこの研究結果は示しているとし、持続的な監視が必要であることを訴えている。(紫音 裕)

▼外部リンク

Clinical and epidemiological characteristics of a fatal case of avian influenza A H10N8 virus infection: a descriptive study
http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/

| 報道発表資料 | 21:29 | - | trackbacks(0) | pookmark |