CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
新型インフルエンザに備えて
おすすめ非常食
常備薬をお忘れなく
インフルエンザ文献
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

切明義孝の新型インフルエンザ対策情報

新型インフルエンザに関する報道をまとめています。
<< 中国、347人のH7N9型鳥インフルエンザ感染を確認 109人が死亡 | main | タミフル耐性インフル 静岡県内は乳幼児2人から検出 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
H7N9鳥インフルエンザ対策の要点は生きた家禽市場にある−中国

 H7N9鳥インフルエンザ対策の要点は生きた家禽市場にある−中国

http://www.xinhuaxia.jp/1131336269

2014年02月20日

 

 中国科学院のアカデミー会員で、中国疾病予防控制センターの高福主任は19日に「H7N9鳥インフルエンザ対策の要点は生きた家禽市場にあるとしている。現在、生きた家禽市場の管理が後回しになっているのは一番の問題である」と語った。中新社が伝えた。

 

 H7N9鳥インフルエンザは鶏にも人間にも適応しない脆弱なウィルスで、日常的に使用する消毒剤で殺すことができる。従って、生きた家禽市場をきちんと管理すれば、H7N9鳥インフルエンザの拡大を防止することができる。また、それをきっかけに、中国人の生きた家禽を食べる生活習慣を変化させ、家禽の「集中加工」や「冷凍発売」を目指したいという。

 

 高福主任によると、H7N9鳥インフルエンザは低病原性鳥インフルエンザウィルスである。研究結果が示しているように、H7N9鳥インフルエンザウィルスは限られた人・人感染力を有するが、今現在、それは発生していない。科学研究の結論では、将来、もし生じるとしても、それは限られたもので、連続的な人・人感染はない。

 

 SARSから低病原性H5N1鳥インフルエンザ、またH7N9鳥インフルエンザまでの研究成果は中国科学研究の発展と進歩を示している。

 

 突然発生し、突然なくなったSARSウィルスが、敵対国が中国に対し行った生物テロであるといううわさに関し、高福主任は「今現在、他人に感染するが自分に感染しないウィルスを作る技術は発明されていない」と語った。

 

(翻訳 李継東)

| 専門家向け資料 | 21:31 | - | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:31 | - | - | pookmark |
トラックバック機能は終了しました。