CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
新型インフルエンザに備えて
おすすめ非常食
常備薬をお忘れなく
インフルエンザ文献
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

切明義孝の新型インフルエンザ対策情報

新型インフルエンザに関する報道をまとめています。
<< 札幌でタミフル効かないインフル変異株続出−市内の患者数も警報レベルに | main | 韓国京畿道、鳥インフルエンザ再発、家禽10万羽殺処分 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
タミフル効かない変異株、6道府県に拡大−インフル流行中の静岡でも検出

 タミフル効かない変異株、6道府県に拡大−インフル流行中の静岡でも検出

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140213-00000000-cbn-soci

医療介護CBニュース 2月13日(木)13時14分配信

 抗インフルエンザウイルス薬のタミフルなどに耐性のあるウイルス変異株が、静岡県でも検出されていたことが分かった。今シーズンの耐性株検出は、静岡県も含め6道府県に拡大した。耐性株の罹患者から感染が拡大する可能性も否定できないため、各自治体では警戒を強めている。【新井哉】

 国立感染症研究所によると、今シーズンに解析を行ったA(H1N1)pdm09型のウイルス株数は計374株(2月10日現在)。このうち28株から抗インフルエンザ薬のタミフルなどに耐性を示すウイルス変異(H275Y、H275H/Y変異)が検出されたという。耐性株の検出率は7%だった。

 これまでに耐性株が見つかったのは、北海道や大阪府、三重、神奈川、山形、静岡の各県。今回耐性株の検出が判明した静岡県では、解析した30株のうち2株からウイルス変異が見つかったという。同県内ではインフルエンザの患者報告数が増加傾向で、1月27日から2月2日までの1週間の報告数(定点医療機関当たり)は32.22人を記録。警報レベル(30.0人)を上回っている状況だ。

 耐性株の検出が最多の北海道では、道内の全検出数(18株)のうち札幌市衛生研究所が8割超を占めている。三重県のケースでは、耐性株のウイルスに感染した小児が札幌市内に滞在していたことが判明。この小児から検出された変異株が札幌市の遺伝子配列と同じだったことなどから、札幌市で感染し、三重県に持ち帰った可能性が高いとされている。

| 報道発表資料 | 19:58 | - | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:58 | - | - | pookmark |
トラックバック機能は終了しました。