CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
新型インフルエンザに備えて
おすすめ非常食
常備薬をお忘れなく
インフルエンザ文献
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

切明義孝の新型インフルエンザ対策情報

新型インフルエンザに関する報道をまとめています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
H7N9鳥インフルエンザ対策の要点は生きた家禽市場にある−中国

 H7N9鳥インフルエンザ対策の要点は生きた家禽市場にある−中国

http://www.xinhuaxia.jp/1131336269

2014年02月20日

 

 中国科学院のアカデミー会員で、中国疾病予防控制センターの高福主任は19日に「H7N9鳥インフルエンザ対策の要点は生きた家禽市場にあるとしている。現在、生きた家禽市場の管理が後回しになっているのは一番の問題である」と語った。中新社が伝えた。

 

 H7N9鳥インフルエンザは鶏にも人間にも適応しない脆弱なウィルスで、日常的に使用する消毒剤で殺すことができる。従って、生きた家禽市場をきちんと管理すれば、H7N9鳥インフルエンザの拡大を防止することができる。また、それをきっかけに、中国人の生きた家禽を食べる生活習慣を変化させ、家禽の「集中加工」や「冷凍発売」を目指したいという。

 

 高福主任によると、H7N9鳥インフルエンザは低病原性鳥インフルエンザウィルスである。研究結果が示しているように、H7N9鳥インフルエンザウィルスは限られた人・人感染力を有するが、今現在、それは発生していない。科学研究の結論では、将来、もし生じるとしても、それは限られたもので、連続的な人・人感染はない。

 

 SARSから低病原性H5N1鳥インフルエンザ、またH7N9鳥インフルエンザまでの研究成果は中国科学研究の発展と進歩を示している。

 

 突然発生し、突然なくなったSARSウィルスが、敵対国が中国に対し行った生物テロであるといううわさに関し、高福主任は「今現在、他人に感染するが自分に感染しないウィルスを作る技術は発明されていない」と語った。

 

(翻訳 李継東)

| 専門家向け資料 | 21:31 | - | trackbacks(0) | pookmark |
新型インフルエンザ専門家会議

第13回新型インフルエンザ専門家会議 資料
平成22年11月29日(月)14時〜16時
経済産業省別館1028号会議室
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000xih0.html 

○議事次第・配布資料等
議事次第・配布資料(PDF)


名簿

新型インフルエンザ専門家会議委員名簿(PDF)
新型インフルエンザ専門家会議作業班名簿(PDF)


設置要綱

設置要綱(PDF)

○資料
1 今年度に製造・備蓄するプレパンデミックワクチンのワクチン株の選定について(PDF)
2 新型インフルエンザ専門家会議における行動計画見直しの検討(PDF)
3 新型インフルエンザ(A/H1N1)対策総括会議の提言と(PDF)
4 新型インフルエンザ専門家会議委員の見直し意見を反映させた場合の行動計画のイメージ(案) (反映版)(PDF)
5 新型インフルエンザ専門家会議委員の見直し意見を反映させた場合の行動計画のイメージ(案) (見え消し版)(PDF)
追加 田代委員からのご意見(PDF)

○【照会先】 厚生労働省健康局結核感染症課(内線2077)

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000xih0.html


・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆ 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト 公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000 公衆衛生ネットワーク 公衆衛生ネットワークについて 公衆衛生ネットワーク危機管理Goods 公衆衛生ネットワークBooks 切明義孝の公衆衛生情報 切明義孝の健康日記 切明義孝ブログ 切明義孝の本棚 切明義孝のプロフィール 切明義孝の新型インフルエンザ関連情報 切明義孝の新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ 切明義孝の健康危機管理グッズ 切明義孝のおすすめ書店 切明義孝の食の安全ニュース 切明義孝のメンタルヘルス情報 切明義孝のホームページ 切明義孝のたばこ文書管理保管センター 切明義孝の万福ダイエット 切明義孝の禁煙情報 切明義孝の健康寿命の計算 たばこ文書保管管理センター Tobacco Documents Archives 切明義孝のタバコ産業への意見 切明義孝について *☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・

| 専門家向け資料 | 21:29 | - | trackbacks(0) | pookmark |
「院内感染対策マニュアル(2010年版)」を作成しました

 「院内感染対策マニュアル(2010年版)」を作成しました
平成22年10月29日
福祉保健局
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2010/10/20kat700.htm

 東京都では、院内感染防止対策を進めるため、平成14年にチェックリストを備えた「院内感染予防対策マニュアル」を作成(その後平成17年に改定)し、都内病院の医療従事者に活用していただいてまいりましたが、このたび、その内容を大幅に見直し、5年ぶりに改定版を発行することとしました。

改定のポイント
 今回の改定では、第五次医療法改正、新型インフルエンザの発生、薬剤耐性菌問題などのこの数年の大きな出来事を踏まえ、院内感染防止対策を進めるための院内体制、感染経路別予防策(接触感染・飛沫感染・空気感染)、抗菌薬の適正使用、院内感染発生時の対応等について新たに項目を設けるなど、従来版から大幅に内容を拡充しています。

マニュアルの特徴
•各現場で感染防止対策の基本事項を繰り返し確認できるよう、チェックリスト形式の表と、補足・解説欄を組み合わせたスタイルとしています。
•病棟での処置や業務別の感染防止対策、外来部門や透析室における対策など、場面や施設に応じたテーマ別のチェックリストを備えています。
•新型インフルエンザ対策についてもテーマとして取り上げています。
•感染経路別予防策の一覧表、消毒薬の選択方法、緊急連絡網のモデル案、集団発生時の状況整理表などの図表も掲載しています。
2010年版マニュアルの構成
•第一部 院内感染防止体制
(院内体制・組織、マニュアル整備、発生動向の把握体制、抗菌薬の適正使用・耐性情報の共有、健康管理・業務の維持(BCP作成))
•第二部 標準予防策と感染経路別予防策
(手指衛生、感染防護具、患者配置管理、患者等の協力、経路別予防策)
•第三部 施設・場面に応じた感染防止対策
(病棟での処置時の対策、医療器具等の取扱い、外来部門等での対策)
•第四部 院内感染発生時の対応
(発生情報の迅速把握、拡大防止対策の実施)
 「院内感染対策マニュアル2010年版」は都のホームページからダウンロードが可能です。また、都内病院及び関係機関に冊子を配布する予定です。
 感染症の流行に備え、中小規模の医療機関を含めた全ての医療機関において院内感染対策の基本事項をあらためて確認するために、本マニュアルを活用していただきたいと思います。

※別添 院内感染対策マニュアル(2010年版)(PDF形式:1.7MB)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2010/10/DATA/20kat700.pdf

問い合わせ先
福祉保健局医療政策部医療安全課
 電話 03−5320−4432
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2010/10/20kat700.htm



・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆ 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト 公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000 公衆衛生ネットワーク 公衆衛生ネットワークについて 公衆衛生ネットワーク危機管理Goods 公衆衛生ネットワークBooks 切明義孝の公衆衛生情報 切明義孝の健康日記 切明義孝ブログ 切明義孝の本棚 切明義孝のプロフィール 切明義孝の新型インフルエンザ関連情報 切明義孝の新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ 切明義孝の健康危機管理グッズ 切明義孝のおすすめ書店 切明義孝の食の安全ニュース 切明義孝のメンタルヘルス情報 切明義孝のホームページ 切明義孝のたばこ文書管理保管センター 切明義孝の万福ダイエット 切明義孝の禁煙情報 切明義孝の健康寿命の計算 たばこ文書保管管理センター Tobacco Documents Archives 切明義孝について *☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・

| 専門家向け資料 | 21:49 | - | trackbacks(3) | pookmark |
中国河南省で発熱や血小板減少などを特徴とした病気

 ★★国立感染症研究所★★
http://idsc.nih.go.jp/index-j.html

  9月10日  感染症発生動向調査週報[IDWR] 
    第34号(平成22年8月23日〜8月29日)
 
  9月10日  インフルエンザ流行レベルマップ[疾患別情報] 
    第35週(8月30日〜9月5日)


★★海外渡航者のための感染症情報★★
http://www.forth.go.jp/

2010年09月10日中国河南省で発熱や血小板減少などを特徴とした病気が発生しています
http://www.forth.go.jp/09_moreinfo/topics/2010/0910.html

河南省、発熱を伴う血小板減少症候群の予防と治療を強化中国河南省衛生庁 2010年9月10日2010年9月8日、中国の新京報などのメディアは河南省信陽市商城県で発生したダニに噛まれて死亡した病例について報道しました。2010年9月9日の河南省衛生庁発表によると、衛生庁はこの件を非常に重視し、速やかに当省の専門家を現場に派遣し、調査と指導に当たらせています。
(河南省衛生庁の発表内容)

省全体のモニタリングと統計によると、河南省では2007年5月信陽市が初の発熱を伴う血小板減少という病状を示したアナプラズマ症例を報告して以来、2010年9月8日までに、河南省で本病例が全部で557件発見され、うち18人が死亡しました。主に信陽市の商城県、溮河区、光山県、平橋区に集中しています。

衛生庁は当該疾病の予防と治療を高度に重視しています。各業務を順調にやっていくために、2008年から、「医療機構におけるアナプラズマ症のモニタリング規則」、「アナプラズマ症疫学調査規則」、「プラズマ症診療規則」を印刷し配布を行いました。同時に衛生部の「ヒト顆粒球アナプラズマ症予防コントロールに当たる技術的マニュアル(試行)」などの文書を各関連機構に送付しました。また、各レベルの医療衛生機構に対して疾病予防治療の指導と標準化を行いました。近年来、国家と省レベルの疾病コントロール機構と共同した努力により、発熱を伴う血小板減少という臨床病状を引き起こさせるブニヤウイルスを発見し実証しました。モニタリングの視野を広げて、即時に類似症例を発見するために、衛生部は2010年5月に中国疾病予防コントロールセンター及び臨床などの関係専門家を集め、「発熱を伴う血小板減少総合症のモニタリング規則(試行)」を編纂・印刷しました。規則により、衛生庁はさらに発熱を伴う血小板減少総合症のモニタリングを展開しました。

河南省衛生部門が展開した業務には以下のものがあります:
・1 モニタリングを強化する。モニタリングを展開した地域で積極的かつ主動的に症例を探す。モニタリングのネットを完備させ、モニタリングシステムの敏感性と品質を高め、モニタリングを通じて、確実に現地の流行状態や流行動向と要因を把握する。
・2 教育を強化する。信陽市で重点県・市の予防治療教育クラスを開設し、末端地域で当疾病を発見・診断・報告と治療能力を向上する。
・3 治療を強化する。症例の診療を十分重視し、正しい診断、速やかでかつ有効な治療を確保し、死亡率を下げる。同時に、専門家を現地指導に派遣する。
・4 宣伝を強化する。健康教育活動を展開し、当疾病の伝染特徴と予防コントロールの関連知識を大衆に教え、主体的に予防と治療に協力してもらう。家周辺の潅木や雑草の除去、家禽家畜飼育場の清掃、環境衛生を維持するように指導する。殺虫剤などを利用して野原や飼育場のダニを撲滅する。同時に、自己保護を強化し、ダニに噛まれないように注意する。

三年間あまりの予防コントロールによって、河南省は科学的かつ有効な同類症候群症例のモニタリングシステムを構築し、各レベル、各種類の臨床医者と疾病コントロール担当者合わせて1000人近くに対して教育を展開しました。宣伝によって、現地大衆の当疾病に対する予防治療知識を増やしました。一部の大衆は基本的な予防措置を取れるようになり、受診率が向上しました。

今後、衛生庁は以下のことを重点的に行います。
・現在のところ、把握できた疾病の特徴を利用し、予防・治療知識の教育、特に郷と村の末端医療機構に対する予防・治療知識の教育にさらに力を入れ、診断と治療のレベルを向上させる。
・疫病発生状況モニタリングを強化し、早期発見・早期報告・早期診断・早期治療を実施する。
・関連部門と協力して科学研究を強化し、病原学研究を継続し、疾病発生・発展の規律を究明する。
・さらに健康教育に力を入れ、予防コントロールのための知識の宣伝を広げ、民衆の自己防護意識を高める。

関連基本知識近年来、河南省の一部の地域で発熱を伴う血小板減少という症例が相次いで発見して報告されました。多臓器不全で死亡した重症患者もいました。そのうち、一部はヒト顆粒球アナプラズマ症と最終診断しましたが、他の一部にはヒト顆粒球アナプラズマ症の証拠を見つけられませんでした。衛生部は本件を非常に重視し、積極的に専門家を集め、本症例の病因を研究しています。本疾病の予防とコントロールをするために、専門家は本疾病に「発熱を伴う血小板減少症候群という仮の名称をつけました。
2010年5月、中国疾病予防コントロールセンターは河南省一部の地域の症例の中で、ブニヤウイルスを発見し、その伝染媒介はダニである可能性があり、ヒト顆粒球アナプラズマ症と同じであると説明しました。

モニタリングによると、都市部には本症例が極めて少なく、感染者はほとんど農民であり、丘陵地帯で多発しています。症例は5月、6月に集中して発生しています。

本症例の臨床症状は発熱を伴う血小板、白血球の減少などです。ほとんどは突発性であり、全身のだるさや吐き気などの症状を伴います。重い場合では大便が黒くなり、歯茎出血などの症状や、肝臓、腎臓などの多臓器不全の症状もあります。

ダニが媒介する疾病は中国では比較的よくある症例であるので、比較的有効な予防コントロール手段を持っています。ダニに噛まれることを避けることが感染リスクを下げるための主要措置です。大衆に対する、本症例を予防するための重要な方策は、特に感染されやすい者がダニに近づかないように宣伝し、類似症状のある人は直ちに病院に行くように教えるなどがあります。現在、主な治療手段は抗ウイルスと症状に応じて治療を行うことです。

専門家は、以下のように注意しています。ダニは主に草地や森林にいるので、できるだけこのような場所で長時間座ったり、寝たりしないでください。どうしてもこのような場所に入らざるを得ない場合、特に既往歴のある者は自己防護をきちんとしてください。袖口が狭くて、色の浅い長袖の服を着てください。それによって、ダニが付着することや噛まれることを予防できるだけではなく、くっついているダニを見つけやすい利点もあります。それに、露出した皮膚と服にDEETなどの虫よけ剤を使ってください。ダニはいつも人間の頭皮、腰部、わきの下、腹部と足指などの部位に付着します。ダニがいる可能性のある場所にいるとき、もしくはそこから離れた後、体にダニがくっついているかどうかを確認してください。発見したら、ピンセットなどで道具で除去します。ダニの体内や傷ついた皮膚からでる液体に伝染性病原体がいる可能性があるので、直接手でダニを取ったりつぶしたりしないようにしてください。また、ダニは家畜やペットの体に寄生するので、動物の体にダニがいることを発見したら、ダニに噛まれないように、その動物との接触を避けるようにしてください。ダニに噛まれたことのある者、野外活動したことのある者は類似症状を発見したら、直ちに病院に行き、関係のある経歴を全部医者に話してください。


★★外務省海外安全ホームページ★★
http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html

◆ 2010/09/10
グアテマラ:大雨による土砂崩れ等の被害の発生に伴う注意喚起
● 2010/09/10
多剤耐性菌について
 

△▼厚生労働省▼△
2010年9月10日 掲載

○ 政策分野

・メンタルヘルス総合情報サイト
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=155521

○リンク

厚生労働省トップページは、こちらから
http://www.mhlw.go.jp/


★★今日のおすすめGoods★★
パナソニック ポット型ミネラル浄水器 TK-CP20-W
[カシオ]CASIO 腕時計 OVERLAND オーバーランド ソーラー電波時計 OVW-110DJ-1AJF メンズ
バックナンバーはこちらへ
http://blog.livedoor.jp/phnet/


★★今日のおすすめ本★★
治りにくい病気の漢方治療 アトピー・不妊症・喘息から不定愁訴まで [単行本(ソフトカバー)]
バックナンバーはこちらへ
http://phnet.at.webry.info/


内閣府 http://www.cao.go.jp/
政府広報オンライン http://www.gov-online.go.jp/index.html
厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/index.html
東京都 http://www.metro.tokyo.jp/
WHITE HOUSE http://www.whitehouse.gov/
US EMBASSY http://japan.usembassy.gov/tj-main.html
CDC http://www.cdc.gov/
WHO http://www.who.int/en/
Google http://www.google.co.jp/



・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆ 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト 公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000 公衆衛生ネットワーク 公衆衛生ネットワークについて 公衆衛生ネットワーク危機管理Goods 公衆衛生ネットワークBooks 切明義孝の公衆衛生情報 切明義孝の健康日記 切明義孝ブログ 切明義孝の本棚 切明義孝のプロフィール 切明義孝の新型インフルエンザ関連情報 切明義孝の新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ 切明義孝の健康危機管理グッズ 切明義孝のおすすめ書店 切明義孝の食の安全ニュース 切明義孝のメンタルヘルス情報 切明義孝のホームページ 切明義孝のたばこ文書管理保管センター 切明義孝の万福ダイエット 切明義孝の禁煙情報 切明義孝の健康寿命の計算 たばこ文書保管管理センター Tobacco Documents Archives 切明義孝について *☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・

| 専門家向け資料 | 12:33 | - | trackbacks(1) | pookmark |
パンデミック・インフルエンザの世界的な流行状況

 ★★国立感染症研究所★★
http://idsc.nih.go.jp/index-j.html

★★海外渡航者のための感染症情報★★
http://www.forth.go.jp/

2010年04月06日更新 パンデミック・インフルエンザの世界的な流行状況について
パンデミック・インフルエンザの流行が続いています。2010年4月1日に公表されたWHOの情報によりますと、パンデミック・インフルエンザの感染が最も活発にみられているのは、東南アジア、西アフリカ、アメリカ大陸の熱帯地域です。タイでは、パンデミック・インフルエンザの感染の報告が続いていますが、活動性は減少しているようです。バングラディッシュでは、パンデミック・インフルエンザウィルスの地域的な広がりが報告されています。西アフリカおよび東アフリカの一部の地域(ルワンダとタンザニア)では、パンデミック・インフルエンザの流行が活発です。中南米では、特にブラジル北部とメキシコで感染の活動性が高いようです。

パンデミック・インフルエンザウィルスは世界中で流行している優勢なインフルエンザウィルスですが、季節性のB型インフルエンザウィルスは東アジアで優勢であり、東南アジア、西アジア、東アフリカ、ヨーロッパの一部では、低い水準ですが検出数が増加しました。季節性のA(H3N2)は、アジアとオーストラリアの一部で非常に少数が検出されました。

2010年04月06日更新 髄膜炎菌感染症の流行−チャド
アフリカ中央部には髄膜炎ベルト(meningitis belt)とよばれる、髄膜炎菌性髄膜炎が流行する地域があります。2010年4月1日に公表されたWHOの報告によりますと、この髄膜炎ベルトにあるアフリカのチャドで髄膜炎菌感染症が流行しているとのことです。チャドの保健省が確認した範囲で1531人に髄膜炎菌感染の疑いがあり、そのうち151人が死亡しました(致死率10%)。

この流行に対して、国際協力グループは髄膜炎菌性髄膜炎制御のために地域の流行状況に応じて3価のACWワクチン、2価のワクチンを供給しています。WHO、UNICEF、国境なき医師団、国際赤十字社はチャドの保健省と、ワクチンキャンペーンやケースマネージメント、近隣地域のサーベイランスなどの危機管理措置を行っています。


★★外務省海外安全ホームページ★★
http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html

△▼厚生労働省▼△
2010年4月9日(金)掲載
 
○ 緊急情報
 
・B型肝炎・C型肝炎ウイルス検査受診の呼びかけ(血液凝固因子製剤納入先医療機関名等の公表について)
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=150361
 
・C型肝炎ウイルス検査受診の呼びかけ(フィブリノゲン製剤納入先医療機関名の再公表について)
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=150363
 
○ 新着情報
 
・フィブリノゲン製剤納入先医療機関の追加調査について
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=150365
 
・血液凝固因子製剤の納入先医療機関の調査について
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=150367
 
・平成21年9月18日新型インフルエンザワクチンに関する意見交換会議事録
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=150379
 
・平成21年9月24日新型インフルエンザワクチンに関する意見交換会議事録
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=150381
 
・平成21年10月16日、19日新型インフルエンザワクチンに関する意見交換会議事録
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=150383
 
・第23回薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会資料
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=150415
 
○リンク
 
厚生労働省トップページは、こちらから
http://www.mhlw.go.jp/
 

★★今日のおすすめGoods★★
症状別マクロビオティックDVD 1時間で分かる!新型インフルエンザ対策
バックナンバーはこちらへ
http://phnetwork.blogspot.com/


★★今日のおすすめ本★★
心療内科がわかる本 (PHP文庫) (文庫)芦原 睦 (著)
バックナンバーはこちらへ
http://phnetbooks.blogspot.com/

内閣府 http://www.cao.go.jp/
政府広報オンライン http://www.gov-online.go.jp/index.html
厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/index.html
東京都 http://www.metro.tokyo.jp/
WHITE HOUSE http://www.whitehouse.gov/
US EMBASSY http://japan.usembassy.gov/tj-main.html
CDC http://www.cdc.gov/
WHO http://www.who.int/en/
Google http://www.google.co.jp/


・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆ 公衆衛生ネットワーク 公衆衛生ネットワーク危機管理Goods 公衆衛生ネットワークBooks 切明義孝の公衆衛生情報 切明義孝の健康日記 切明義孝ブログ 切明義孝の新型インフルエンザ関連情報 切明義孝の新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ 切明義孝の新型インフルエンザ事業継続計画BCPグッズ 切明義孝のおすすめ書店 たばこ文書保管管理センター 切明義孝の万福ダイエット 切明義孝の禁煙情報 切明義孝の健康寿命の計算 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト 公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000 *☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・

本 インフルエンザ
| 専門家向け資料 | 00:26 | - | trackbacks(0) | pookmark |